でく profile

 

1970年上京 本格的にコントラバスのレッスンを受ける。

1970年代後半より即興演奏集団「ニュージャズシンジケート」に参加。この間東京他で舞踏家詩人演劇人等と多数共演する。1980年代 御縁によりパーカッショニスト富樫雅彦氏の付き人として2年間コンサートレコーディング等を傍らで見聞させてもらう。1990年代帰函し、地元で演奏活動開始。「妻あや」との即興演奏活動とともに、自然に集まった多数のアジアアフリカ中南米等の楽器を持参し、こどもや大人問わず「楽器あそび(自由な集団即興)」を行う。敬愛する宮澤賢治さんの世界や、いろいろな表現をする人々との出会いを楽しみに活動中。※「でく」という呼び名は子ども達にもおぼえやすくと思い、賢治さんの「デクノボー」からいただきました。ライブも楽器遊びも数えきれない。

​最近は仏教の本をよく読む。星めぐりの歌 鳥の歌などをこよなく愛する。即興、曲 好きなものであれば、なんのこだわりもなく弾く。時にはたらいに水をはって、どらをその中でたたいたり、いろいろ自由に工夫して楽しむタイプ。色々な国の人々の生活の中から出てきた楽器のおもしろい音が好きで子ども達には、きまりきった音ではなく自由に音を出してほしいと思っている。楽器は自分流で自由にこなす。高校のときには柔道で北海道ベスト4。陸上では短距離100メートル、砲丸投げが得意。その体力を生かし?パワーのある熱い演奏が魅力。ふだんはそこそこ温厚。眠っているあいだ夢をまったく見ない体質であるが、楽器を弾く時は何かが湧き上がり、別人となり、時として不思議なものをみたり、不思議な感覚をおぼえるそうだ。

​(2018年 10月13日 星となる。。)

​​