top of page
  • 執筆者の写真Aya Ogawa

記憶 1

更新日:2023年8月1日

1962年北海道函館市の産婦人科で生まれました。赤ちゃんの頃は海の近くの教員住宅やクリスチャンだった祖父母の家の隣に住んでいたそうです。

3歳の時に両親が家を建てて引越しました。青いトラックの荷台に弟と二人で乗って見送る母親に手を振っっている自分。少し高いところから自分を含めたその光景を見ているもう一人の自分。それが最初の記憶です。



閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Tunguへ曲送信2024.1.8.

とうとう今回のウクライナのTunguとの共作アルバムについては曲の送信は終わりました。 あとはカバーデザインに取り掛かるところです。とはいってもマスタリングや最終的なことはTunguが手掛けてくれるので安心です。 お互い離れていても曲が出来ていくのも不思議な体験だし、送られてくる曲がどんどん深く変わっていくのも感激した。私も色々感じながら作っていくのが楽しかった!! ある時は独特な心臓の鼓動のよう

インフルエンザとアルバイトと曲作りと

ウクライナのTunguから新しいトラックが送られてきたのが10月5日、それから10月31日、11月8日とさらに新しいものが送られて来ました。 10月は新たにアルバイトを始めたり、インフルエンザにかかったりで、ほとんど曲作りができず、体調が良くなってから取り掛かり、ようやく一昨日の11月26日に曲を送信することができました。良かった〜。自分でも今回は良いなと思えて、だんだん歳をとってくると、自分で良

Tunguとの曲を送信

8月2日にウクライナのTunguから音源のファイルが送られて来ながらも、その前々日に苫小牧の高齢の義母から体調が悪いと電話を受け、手伝いに行った。結局半月ほど曲作りに取り組むことができなかった。疲れたので、函館に戻ってから一週間程自分も休みそれから曲作りに取り掛かった。今回は向こうから送られて来た曲にボイスを最終的には3トラック重ねて、遅くなってすみませんと書き加えて送った。すぐに、’great’

Σχόλια


bottom of page