top of page
  • 執筆者の写真Aya Ogawa

記憶

更新日:2023年8月26日

実は5年ほど前、立て続けに父と夫が亡くなりました。

二人とも癌でした。

私は二人を失った後、自分で自分の記憶に蓋をしてしまい思い出さないようにしていましたが、夫が亡くなってからの5年経ち、今はたくさん思い出して綴って行きたいと思うようになりました。


夫が亡くなった翌年の6月私はとあるダンサーと一緒のヨーロッパツアーから離れて一人、ラップランド、フィンランドを経て自宅へ戻って来ました。アイスランドでは火山岩と苔の風景を見ながら夫のことを思って涙が止まらない状態でした。

函館に戻ってから、時差ボケと疲れでで24時間以上眠った私は朦朧としながらも、これ以上寝ていたら体が動かなくなると散歩に出たのですが、そのあたりから夫と父の特に看病していた頃の記憶が抜けて行きました。

後から本を読んだりしてわかったことですが、何かショックなことが起きた時、自分を守ために記憶に蓋をすることがあるそうです。

しかし記憶に蓋をすることで、とても心もとない自分になってしまいました。

しかし時の流れとともに次第に悲しみが癒えて、記憶がどんどん蘇って来ました。と、同時に音楽をもっと作りたい、絵をもっと描きたいという気持ちが強くなって来たのです。







閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Tunguへ曲送信2024.1.8.

とうとう今回のウクライナのTunguとの共作アルバムについては曲の送信は終わりました。 あとはカバーデザインに取り掛かるところです。とはいってもマスタリングや最終的なことはTunguが手掛けてくれるので安心です。 お互い離れていても曲が出来ていくのも不思議な体験だし、送られてくる曲がどんどん深く変わっていくのも感激した。私も色々感じながら作っていくのが楽しかった!! ある時は独特な心臓の鼓動のよう

インフルエンザとアルバイトと曲作りと

ウクライナのTunguから新しいトラックが送られてきたのが10月5日、それから10月31日、11月8日とさらに新しいものが送られて来ました。 10月は新たにアルバイトを始めたり、インフルエンザにかかったりで、ほとんど曲作りができず、体調が良くなってから取り掛かり、ようやく一昨日の11月26日に曲を送信することができました。良かった〜。自分でも今回は良いなと思えて、だんだん歳をとってくると、自分で良

Tunguとの曲を送信

8月2日にウクライナのTunguから音源のファイルが送られて来ながらも、その前々日に苫小牧の高齢の義母から体調が悪いと電話を受け、手伝いに行った。結局半月ほど曲作りに取り組むことができなかった。疲れたので、函館に戻ってから一週間程自分も休みそれから曲作りに取り掛かった。今回は向こうから送られて来た曲にボイスを最終的には3トラック重ねて、遅くなってすみませんと書き加えて送った。すぐに、’great’

bottom of page